急須

 

 

 

急須本体、ふた、注ぎ口、取手の各パーツを削りやすい硬さまで乾燥させます。

 

まず注ぎ口を本体に合わせて削ります。

 

少し削り本体に合わせて角度、削る量を調整します。

 

注ぎ口の高さが本体の口の高さと同じぐらいになるように気をつけてください。

 

本体に穴をあけます。

茶こしにする場合は、本体に小さな穴を開けてください。

今回は茶こし無しタイプです。

 

本体と注ぎ口の接着部分にキズをつけてどべ(粘土と水が混ざったもの)が入り込みやすくします。

 

どべ(粘土と水が混ざったもの)を付けて接着します。

 

同じようにして取手をつけます。

 

接合部分を中からもきれいに仕上げます。

 

すべてのパーツを付けたら完成です。